« のどが・・・ | トップページ | キングオブポップ »

2009年6月14日 (日)

王道

桜君の日記でも触れられていますが

三沢光晴の事故の話は僕にとっても呆然とするものでした・・・。

不謹慎だし、誤解を招くかもしれませんが、

あるいは他の人だったらここまで呆然とする事も無かったのかも・・・。

と思うほどの衝撃でした。

小・中学生の頃から全日派の僕としては

団体としては袂を分かったとは言え、

馬場さんからの「王道」の継承者は三沢光晴を置いて他には無く、

その「相手の技を受けて受けて受けて、最後に勝つ」スタイルは
少年期の僕の、
いや、
今に至る僕の人生に少なからぬ影響を及ぼしていたハズなんです。

桜君の日記にもあるとおり、相手の技を受けきる為には「受身」が大事

それに関しては僕は一番の人だと思っていただけに、

試合中の事故と言うのは考えられない事であり、

「まさか・・・」

と言う言葉しか出てきません・・・。

今はご冥福をただただお祈りするほか無く、

少し落ち着いたら

昔の川田対三沢の試合を見たいなぁと思っている日曜日の昼下がりです。

少年期のヒーロー達が次々に居なくなってしまう。

月日は確実に過ぎていき、

人はいつか必ず死ぬと言う事が解っているとは言え、

あまりに切ない事が最近多すぎます。

願わくば天国で馬場さんと再会し、また仲良くして欲しいなと思います。

|

« のどが・・・ | トップページ | キングオブポップ »