« 六芸神まつり無事終了 | トップページ | オリンピック閉幕 »

2008年8月10日 (日)

オリンピック開幕

そんな桜君が世間に逆行して昭和プロレスに夢中になってる同じ頃、

TVでのスポーツ観戦好きな私
腹痛純は世間の本流、オリンピックにどっぷりでございます。

開会式もいそいそとうちに帰って4時間丸まる最初から最後までしっかり見て、
本日も帰宅後に書く競技の観戦やらビデオチェックやらで大忙しでございます。

男子体操やバレーボールは元より、水泳、柔道、
これが1ヶ月も続いて身体持つかしら・・・

と今から心配です。

ここで余り個人的な意見や思想を披露する気はないのですが、
大会初日は「柔道」と「JUDO」の余りの違いに驚きました。

ここ数年言われ続けていた事ですが、

柔道はいつから関節技や巴投げのオンパレードな競技になったんですかね・・・。

なんかアレでグーパンチを入れたらまるっきり総合格闘技じゃないか・・・と言うような試合、

ポイントの付け方も変わってますし、
なんと言うか、お互いの技を競う「試合」と言うよりは
いかにポイントを取るかと言う「ゲーム」になってしまっていたように感じるのは僕だけでしょうか・・?
一つの技も決めないで勝ってしまうのはいかがなものかと・・・。
でもこういう風に考えてしまうと恐らく日本勢は世界の「JUDO」には対応できないのかも知れませんねぇ。

でもそれはそれとして、
どの競技でも鍛え抜かれた肉体を武器に直向に勝利を目指して戦う姿は
国や宗教、政治、性別を超えた美しさがあると思います。

日本勢の試合だけでなく、他の国同士の試合も出来るだけ見たいなぁと思う今日この頃、

まぁ、日本勢をチェックするのも一苦労なのでそんなに沢山は現地にでも行かないと無理でしょうが・・・。

色々と開催前から現在に至るまで色々と物議を呼んでいる大会ではありますが、

始まってしまったからには無事に終わり、選手が元気に帰国する事を祈るのみです。

頑張れ日本!






別にたらればをいう気はないんですが・・・。
ヤワラちゃんが負けた試合・・・
なんであの時ヤワラちゃんにだけ指導が来たのか
解るように説明してくださる人は居ませんか・・・?

|

« 六芸神まつり無事終了 | トップページ | オリンピック閉幕 »