« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

受け継がれていくバトン。

バンドにおけるワンマン・リサイタルと言う物は

誰にとっても「節目」と言う物になります。

個人的にもバンド全体としても人それぞれ課題やテーマを持って
このリサイタルに挑む事になります。

しかし、びゅーちふるずのワンマンでは誰かが居なくなる儀式かのように
引退していく人が出ますね。

引退の理由はさまざまです。

今回は花見君がラスト・ステージになります。
Photo



















彼女の功績は桜君の日記で見てもらうとして、

僕の思い出を・・・。

と言ってもやはり花見君との思い出は多すぎるぐらいですからねぇ。

思い出を思い出すにはまだ1日早いですしね。

それに、それを語るのならやはり桜君の方が適任でしょう。

実は僕は意外と花見君とは仲が良いんですよ。

蹴り合ったり、罵りあったりする事も相当ありましたが・・・。

彼女がリサイタルに参加する時は必ず僕の側でしたしね、

僕のソロのタイミングや、ここで前出る、出ない、
ここのステップでは僕が動く、動かないと言うものを
全部彼女は把握してましたから、

何も言わなくても、アイコンタクト無しでも、お互いの距離感をある程度把握できるので
僕の方も安心して演奏に集中できるのです。

もちろん時々は接触もありましたが、

花見君以外が立つ時は結構こちらも気を使ってしまったりしたものです。

そう言う意味でも僕の側のダンサーは花見君がやりやすかったんですよねぇ。

何より彼女の笑顔は「びゅーちふるず」と言うバンドを表現する

アイコンの一つだったように思います。

Photo_2






















しかし、そんな彼女も今回でラストステージ。

今OLダンサーズとしてもっとも安定感のある2人、
和影君とのコンビです。

花見君と和影君はとても良いコンビだと思います。

花見君もしっかり指導しますし、

和影君もかなり努力家ですから

花見君をはじめ、歴代のOLダンサー達のつないできた

バトンをしっかり引き継いでくれるでしょう。

そして、このびゅーちOLダンサーズの生き字引とも言える
花見君のラスト・ステージをこれからのびゅーちふるずを担っていくであろう
新人OL達がやはりしっかり見に来ます。

既に花見君の指導はその子達にも及んでいて
すぐにでも踊れる状態にある子も居ます。

ある意味、ダンサーの引継ぎ式になりますね。

花見君もそのダンスだけでなく、「想い」や、「魂」と言っても良いようなものを、
しっかりステージ上からその子達に伝えてくれるでしょう。

そして、見に来てくださる皆様にも。

どうか彼女のラスト・ダンスを皆さまの目に焼き付けてください。

最後まで明るく、ハッピーな花道になりますように。

僕もそれに花を添えられるように、

全力で行きます。

Photo_3

|

2007年9月28日 (金)

ついに前日になりました。

さて、いよいよ明日は本番です。

さすがに僕も今日は早くに帰宅して自宅のパソコンから
これを書いております。

とは言えもう11時ですけど。

泣いても笑っても明日の今頃は
全て終わって、すっかり酔っ払っているのではないかと思いますが、

美味しいお酒を飲むためにも
明日のリサイタルが無事に楽しく終わることを祈るのみです。

とにかく、明日の夜は皆さまと一緒に楽しい夜になるようにしっかり勤めたいと思います。

さて今日はいつの間にか
バンドのドラムに居座って気が付けば結構長くそこに居る
ドラマー・野良利 蔵之助君です

Image0059

















まぁ・・・名は体を現すといいますか、
基本的に彼は物事にあまり熱くなると言う事がありません。

あまり入れ込まないというのか、やる気がないというのか・・・。
そのかわり、コテンパンに怒られてもけして落ち込みません。
その代わり自己主張もあまりありません。
その代わり周りも見ていなければ、
張り詰めた空気と言うものにも敏感に反応するという事はありません。
打ち上げでは何故かOL達に囲まれてる事が多いです。
でも、恋愛には発展しないようです。
僕達と話す時より女の子と話す時の方が饒舌なように感じます。
ドラムの腕は未だに上手いのか下手なのか良く解りません。
その代わり、レコーディング作業等では桜君よりも活躍したりします。
目だった大ポカをやらかすことは少ないですが、
完璧な事もまたありません。
動物で言ったら猫でしょうねぇ
どこまでもマイペース。
お菓子が大好き、常に何か食べてます。
小岩井コーヒー牛乳のパックを何故かいつも持ってます。
怒られて「すいません」と言いながらパン食べられる子です。

前回はステージでパン食べると言うドサクサ紛れに恐ろしい事をしでかしたので
今回は厳重に注意しました。

解ってるんだかどうだか怪しいですが・・・。

とは言え、明日のびゅーちふるずのリサイタルの屋台骨を支えるのは
この子です。
なんせ、彼が始まらないと曲が始まりませんから。

彼がしっかりステージを勤められるように

皆さま応援してあげてください!

よろしくお願いします!

|

NEO「時々プリチーOL's」

全く・・・

この大事なワンマン・リサイタルに向けてのスケジューリングを間違えるって言うのは
一体どういう了見なんですかね。

寄りによってブラスセクションが根こそぎ居ないだなんて・・・。

誰がこんなスケジュールを組んだんだ!プンスカ!

しかし、こんな事で慌てないのが我が社びゅーちふる商会でございます。

なんだかんだで結局ちゃんと集まるという。

一体何処から沸いて出たんだと言うほど次から次へと人は現れるのです。

まぁ、びゅーちふるずは基本的に10人編成のバンドと言う体でやっておりますが

その母体はびゅーちふる商会ですので

まさか10人で会社をやっているはずも無く、

毎年新入社員もとっておりますし、

九州やフランスにも支店を持つほどの会社でございますので、

人員は要るのでございます。

業績は我々本社が一番悪いというのは内緒の話。

しかしまぁ、どういう基準で社員を採っているのか解りませんが

我が社の社員は芸達者が多いといいますが、

出たがりが多いと言いますか、

楽器が出来る人が多い事に驚かされますねぇ。

こうなぅって来ると別にギターは僕じゃなくても誰か弾ける人いるんじゃないか?

とも思ってしまいます。

あ、ベースを変えて絵的に若返りを図るって手もありますねぇ・・。

それはともかく、

今日も新しいブラスセクションは就業後にセクション練習に励んでおりましたので
僕も顔を出してきました。

監督は御方井君だったので任せて安心ですが、

彼女は厳しいですからねぇ・・・。

トロンボーンのマックリーノはブゥブゥ言ってました。

マックリーノ「オッカタイサァーン、ワタシ、コンナノヤリタクナーイヨ、ベットリョウキンセイキューウスルネー

祖達君(SAX)「そんな事を言っては駄目よ、マックリーノさん、この練習はあたし達の為にも必要な事なのですわ。さぁ、一緒に頑張りましょう!このままでは土曜日に皆さんにご迷惑をおかけしてしまうわ。そうだわ、こういう時は気持ちを落ち着ける為に短歌が良いとお母様が仰っていたわ。
 秋の夜の~川面に響く~叫び声~・・・さぁ、マックリーノさん、下の句をお創りになってみて。

マックリーノ「ハァ?・・・・イミガマッタクワカリマセーン。アーナタハイッショウノコッテヤレバイーネ、ワタシカエリターイネ、カエッテクニノカーサン二テレフォンスルネ

博氏(TP)「待ちたまえ、マックリーノ君、それは危険だ!私の分析ではこのまま夜道を一人で帰って万が一警察官に職務質問されたらそのまま国外へ強制送還されてしまうかも・・・いや待てよ、マックリーノ君のビザは確か・・・ブツブツ入国管理法はブツブツ・・・。しかし、この練習も時間外労働、我が国の労働基準法と照らし合わせてみるにこの状態は・・ブツブツ・・・。

この時、御方井君が僕の方を見たときの救いを求めるような目が今でも忘れられません・・・。

僕は頭が痛くなってきたので御方井君に手を合わせながらその場を退散したのでした・・・。

むぅ・・・大丈夫か・・・時々プリチーOL’s・・・・。

今までも充分濃いぃメンバーでしたがまた強力なのが来そうです・・・。

が・・・楽屋がうるさそう・・・。

しかし、土曜日の成功は君達の双肩に掛かっている、
いや、その唇達に掛かっている!

頑張れ!「時々プリチーOL's!

負けるな!「NEO
時々プリチーOL's!

|

2007年9月27日 (木)

あさってかぁ・・・

いよいよ目前に迫ってきた
ワンマン・リサイタル。

びゅーちふるずの面々は最後のリハーサルを終えて
「後は野となれ山となれ」状態でございます。

とは言え仕事もしなければならないのですが、
今は社員一同気もそぞろでございます。

やはり長いリサイタルになりますから、
色々と細かいところが気になるのです。

なんと言っても今回もかなり濃いですからねぇ。

準備に怠りが無いか?

つめ切れてない事柄は無いか?

本番は失敗はつき物だと思う性質ではございますが、

今度の土曜日の夜、吉祥寺Planet.Kを選んでくださる皆様に
心から楽しんで貰える様に、

我々も全力で演奏できるように心配事は限りなく0にちかずけたいのです。

ギリギリになって「あっ!」って思うことも結構ありますからねぇ・・・。

Image0055




















本日の1枚は我がバンドのキーボーディスト
やくよさんです。

ステージではあまり目立たないかもしれませんが、
びゅーちふるずというバンドには今や欠かせない存在でございます。

サウンドはもとより
殆どバンド内では「母」的存在で、

なにかと世話を焼いて下さっております。

なんせうちのメンバーは個性派揃いなので
なかなかまとめるのが大変なのです。

この日もステージ出演前に携帯ポシェットの中身確認に余念がありません。
中身は何かと聞いたら「やくよの七つ道具」って言うものが入っているらしいです。

何でも絆創膏とか消毒液とかサインペンとか、小物が沢山入ってるようです。

最近は小型掃除機が入らないだろうかと小さい掃除機を物色しているとか。

バンド内では「あれなかったけ?」って時は
「やくよさんに聞いてみな」が合言葉のようになっております。

しかし・・・こんな唐草模様のアームカバーが似合う人もそう滅多に居ないですよね・・・。

もちろん今回のワンマンリサイタルでもやくよさんは大活躍の予定です。

皆さま、やくよさんにもご注目を!!





|

2007年9月24日 (月)

うう・・・うらやましい・・・

昨晩は桜君は楽しい夜を過ごしたようですねぇ。

たまには息抜きも必要です。

実は僕も昨晩行われた「ミサイルVSつしまみれ」を
見に行く予定でした。

ミサイルの林兄には
見に行くと言っていたのですが・・・。

いけませんでした・・・(ガックシ・・・)

何故か?

昨晩、そのライブが行われている頃、

我々びゅーちふるずのリズム隊は
「特打ち」と言う名の「特練」、
人呼んで

「魁!課長塾」

が行われていたのです。

ええ、間に合わないんです。
演奏が・・・。

全体練習だけではとても細かいところを詰めきれなく、
僕もその時は全体を見ている為、
リズム隊に細かく注意を飛ばすことは出来無いのです。

なんせ、10人も居ますからねぇ・・・。

と言うわけで、ブラス隊も、「特打ち」
リズム隊も「特打ち」

とセクション事に練習を積むわけなのですが、

日にちが合うのが今日しかなかった・・・。

残念ですが、

これも今度の土曜日に良い演奏を目指す為、

必要な事でしたのでいたし方ありません。

人事を尽くすべし。

いつも心にハッスルを!

|

2007年9月23日 (日)

一週間を切りました。

桜君とは別行動で、
まだまだギリギリの仕込み中の
腹痛純です。

まもなくですねぇ・・・。

時間がありませんねぇ・・・。

最近の読書量が半端じゃございません。

そう・・・

現実逃避・・・。

物語の中に逃げ込む事でしばし現実から
逃避するというこの行為、

でないとプレッシャーでどうにかなってしまいそうです。

最近は「会津士魂」全13巻を読破し、
毎月発売される北方謙三氏の「水滸伝」を出るたび読みつつ
「続・会津士魂」を現在3巻まで読んでおります。

それでも現実は当日は迫ってきております。

人事を尽くすべし。

今はそれしかありませんよねぇ。

祭りは始まるまでが楽しく
始まってしまえば終わるだけなので

今はこの緊張感をしばし楽しむこととしましょう。

準備をしっかりして皆さまを会場でおまちしております!

|

2007年9月17日 (月)

仁義なき戦い

昨日は東京は32度にも気温が上がったそうです。

だらだらと暑い日が続くんですかねぇ・・・。

でも最近は風が涼しく感じられて少し気持ちの良い日も増えてきている気がします。

僕のPCも大分直りまして、
消し飛んだデータは笑ってやり過ごす事にし、

手を煩わせたさきやま君のお手伝いとして
当HPの管理も最近してる 腹痛純です。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

HPの管理となると色々なデータがさきやま君から回ってくるので
それに目を通したりしながらUPする情報を選んだり、

写真を変えたりしていくのですが、

とにかく写真のデータが多いんですよね。

そんな中で面白いものを今日は一つ。


Image0050



















はい、リサイタル本番直前のびゅーちふるずの楽屋です。
被写体は「荒熊 がんみ」君
本番直前でも電話で誰かと話していると言う、
この余裕、というか図太さ・・・。

本番前はピリピリしてくるびゅーちふるずメンバーを尻目に
一人マイペースを貫く女史でございます。

年齢不詳ですが、
同じOLダンサーの到君にコギャル語を習っているあたり、
かなりの努力家のようです。
習ってる割には先生である到君を会社ではいびり倒しているらしいですが・・・。

花見君も一緒に講義は受けたようですが
僕が見る限り、花見君は使いこなせてないですねぇ・・・。

そんな花見君とのツーショットがこちら。

Image0051


















二人揃って"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!ポーズ

がんみ君はピースが好きですね
この二人がそろうと楽屋でも何処でも喋り倒しです。
場の雰囲気も明るくなりますが、
ピリピリムードの時はうるさいくらいです。

さらにもう1枚

Image0052

















これは鏡越しの写真ですね。

おめかしにも余念がありません。

花見君はリサイタル前には必ず男性陣に
「あたし可愛いでしょ?」と聞きます。
まず絶対です。

最近では男性陣も呆れてしまっているという事と
本番前でピリピリしていることもあり

誰も返事をしない事が多いのですが、

それがご不満な花見君は
ねえねえ、蔵ちゃん

なんすか?

あたし、可愛い?

と名指しで行くようです。これもほぼ100%蔵之助君ですね、

彼はまだ入社して間もないですから先輩OLの花見君には逆らえないようです。
それをわかって言っているんですね。

と、ここまでは普通の話なのですが、

ここまで読んで写真を見て何かに気が付いた方はいらっしゃるでしょうか?

もう1度良く見てください。






どうです?













そう、そこっ!






花見君とがんみ君のツーショット、
確実にがんみ君に光が当たり、花見君は影になっているのです。

偶然かと思ったのですが、他の写真も見てみましたが、
何と全てこの状態なのです・・・。

恐るべし、荒熊がんみ、
TOP女優並みのライトへの執着、ポジション取り、
さりげなく対抗馬を光の外側へ押し出しておく事も忘れないその立ち回り・・・。

・・・・

敵に回したくないですねぇ・・・。

くわばらくわばら。

|

2007年9月16日 (日)

リンク張りました

「music UP's」のHPへは
当HP TOP画面からも

ワンクリックでいけますよ~(□。□-)

|

2007年9月15日 (土)

練習しようかな。

諸君、人生、あきらめも肝心って奴ですよ。

わはは

今日は何か久しぶりスカッと晴れたような気がするのは僕だけでしょうか?

最近昼間の太陽の日差しにも秋の気配を感じる気がする

腹痛純です。

みなさまいかがお過ごしですか?

調べればすぐ解ってしまう事ですが、
一応名前は伏せておきますが、

最近、僕の敬愛する「さだまさし」さんのバックバンドを17年もつとめ、
「北の国から」のドラマをその演奏で
(ドラマを思い出したときに一緒に思い出す音楽の誰でも知ってるあのサウンドです)
ずっと盛り上げてきたギタリストの方と
知り合いになりまして、
知り合いと言うか、気が付いたら隣に居たと言いますか・・・。

そう言う経歴の方だとは一応知っていたのですが、
なんとなく普通に仲良くお話させて貰う感じだったのですよね。

ギターの話は1度もした記憶が無いのですが・・・。

そんなある日、その方が鞄から一冊の本を取り出して一言、

「これあげる、前に出た奴なんだけどさ」

それはその方ご本人が書いたちゃんと
出版社から出ていて、普通に何処の楽器屋でも買える、
2千円台で売られてる
ギターの本でした。

おーーーー。

というか、なんで・・・!?

確かに仲良くはさせていただいてるのですが、
何かを頂くほど親しくさせて貰えていたのだろうか・・・。

とにかく、凄く嬉しく、色々その本を見ていたのですが、
最後のページに著者の経歴とかが載ってますよね、

そこを読んで改めて驚いたと言いますか、
普通に話してて何か失礼な事まで言ってるんじゃないかと不安になりました。

いや~凄い人がいるもんだと、しかも恐ろしく身近に・・・。

ということでワンマンが終わったらゆっくり練習しようと思います。

アコースティックギターで弾けるいわいるソロギターと言う物なので
ファンクラブ・イベントではアコースティック・ライブをやる予定ですし、

何曲か披露できれば良いかなぁ。と計画中です。



|

2007年9月14日 (金)

みなさまはお気づきになってましたか?

Image0065
















実は僕もあまり詳しい事は良く解って無かったのですが、
「musiUP's」と言うフリー雑誌?フリーペーパーって言うんですかね?
レコード屋さんやライブハウス等においてある
あれです。

写真は今ライブハウス等に置いてある号なのですが、
これに我々びゅーちふるずが
「music supporters」と言うコーナーに
吉祥寺・プラネットK推薦バンドとして紹介されています。

昨晩桜君とプラネットKに打ち合わせに行った際に、
もう載ってますよ、ほらっ」て見せてくれたんですが、
きみねぇ・・・もっと早く言いなさいよ・・・。

見れば8月20日号・・・。

グリコのガム「POsCAM」と「music UP's」がコラボレートして
アーティストを応援すると言うコーナーらしく
4ヶ月間掲載される予定のようです。

11月まで街角で「music UP's」を見かけたら是非チェックして見てくださいね。

http://www.music-ups.jp/ac/member/

↑こちらでも見る事が出来るようです。

ネット上でポスカムオフィシャルソングとして
「オフロ・パラダイス」も聞けるので皆さんも是非チェックしてみてくださいね!

このような企画に我々を推薦してくれたプラネットKには本当に感謝です。

これからは個人的にもライブハウスへ行くのが楽しみになって来ました。
ワンマンの日は皆さまこれを読みながら開演の時間までお待ち下さい。





|

2007年9月13日 (木)

わはは

あの後さきやま君にこっぴどく怒られました・・・。

まぁ無理も無い・・・。

彼女はワンマンで発売する予定のCD&DVDのジャケット班、
僕は音担当、僕のPCがクラッシュすると音そのものが消し飛び、
彼女の苦労が水の泡、びゅーちの労力も水の泡、

まぁ・・・「びゅーちの労力」
なんてうちの社員が僕に対して
「言えるものなら言ってみなさい。その代わり歯を食いしばって一歩前に出ろ!」
とも思いますが・・・。

由々しき事態なのは確かでございます。

まさか掲示板でも抗議されてるとは思いませんでした・・・。

皆さまいかがお過ごしですか?

バンドとお客様との約束を一身に背負う事になってしまった

純 腹痛です。

まぁ、人生あきらめも肝心と申しますし、
焦る乞食はもらいが少ないとも申しますし、

まぁ笑うしかないので、とりあえず笑ってみます。

あっはっは・・・・は・・・・ハァ( -.-) =з・・・・。

ということで今日はお昼から
駆けつけてきたさきやま君と復旧作業・・・。

ふふ、だがしかし!この課長・腹痛純がそんなに間抜けだと思うてかっ
この中間管理職をなんと心得る!者ども頭が高いッ

私のPCにはHDが2つも増設されており、大事なデータは全てそちらに保存してあるのでございます。

それを言ったらまぁさきやま君の怒る事怒る事・・・・。

ただ・・・レコーディングのデータをそっちに移してあったかどうだったか・・・。

ここ数ヶ月の激務で記憶があやふやなのです・・・。

まぁ果報は寝て待て、何とかなる。何とかする。何とかなる。・・・かなぁ・・・。

もしダメでしたら私ワンマンを最後に腹を切ります・・・。

ということでさきやま君を説得し、(復旧作業はまた明日)
本日は夜から渋谷にてまたもやびゅーちふるず以外の現場でギターを弾いて参りました。

今回は100%アコースティクギターで
前にご一緒したOBT氏とツインでお歌のサポートをしてきました。

彼と一緒にギターを弾くのは単純に楽しいので本当に好きなんですよね。

びゅーちのワンマンリサイタルに向けてテンパリ気味の僕には良い刺激になりました。

ちゃんちゃん。

と話はここで終わりません。


その会場に何やら見慣れた顔が・・・。


そう、その現場に現れて陰に隠れるようにしているのに
その格好で一目でそれとわかる男、
桜チョメ吉君がいるのです。

すわ、ストーカーかっと突っ込むわけにも行かず、
冷や汗物でステージを終えると

楽屋に彼が突入してきて一言、

桜君課長、行きますよ

僕 「え?どこへ?

桜君「今日はプラネットKへ行って舞台設営の話し合いですっ

僕 「えぇっ!

桜君「早くしてください!

って事で殆ど拉致同然に桜君と吉祥寺へ。

夜中の11時頃に到着。

プラKスタッフと綿密に舞台の設営について相談。

今回は思い通りのステージが作れそうです。

みなさんがまだ1度も見た事が無いであろう
プラネットKでのステージを作る予定です。
お楽しみに。

と言う事で、さきやま君に怒られ、ライブで楽しみ、桜君に拉致られと
忙しい1日ではありましたが、
逆に考えれば楽しい1日でした、いや、充実してたと言うべきか、

本当にこれからはびゅーちのワンマンに集中します。

メンバーにも死んでもらいます。

これからは本気と書いて「マジ」と読むモードですから、

甘えは許しません。

ビシバシ行くので一同そのつもりで。

ワンマン、皆さまも楽しみにしていてくださいね。
必ず良いものを見せたいと思います。

頑張ります。



|

2007年9月11日 (火)

笑うしかない

わっはっは。
僕のPCがクラッシュして自分の業務日誌を書くページに入る事も出来なくなってしまった、

課長・腹痛 純です。
これは携帯から。
いや〜参った参った、こうなると笑うしかありませんねぇ…。

さきやまくん…。


SOS…。


HELP ME

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »