« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

心新たに

皆さんその後お変わりありませんか?

びゅーちふるずの面々もワンマンリサイタルの翌日こそは
全員死んだふりをしておりましたが、
会社の仕事は容赦なくたまっていってしまうものなので
本来ならば3日ぐらい抜け殻になっていたいとは思ったのですが、
月曜から全員通常業務に戻りました。

個人的には月曜日には
意外な程体も気持ちもスッキリとしていて
しゃきっとして仕事に入れました。

日曜日にピクリとも動かなかったのが良かったんですかねぇ。
とにかく疲労を引きずらなくて済んだのは非常に良かったです。


そしてびゅーちふるずも早くも再起動です。

早速今晩正メンバーの会議が開かれます。
議題は沢山あるのですが最近の事から先の事、ワンマンに集中する為に保留にしてあった事等が話し合われる予定です。

果たして何がどこまで話し合われるか解りませんが、
これから行ってきます。

|

2007年1月28日 (日)

みなさまどうもありがとうございました!

昨日吉祥寺プラネットKにて行われました
■■■結成5周年!■■■
びゅーちのハッスルワンマンショー!!

にお越しくださいました皆さま、
スタッフ並びに関係者の全てのみなさま。

本当にありがとうございました。

楽しんでいただけたでしょうか?

一時はどうなることかと思ったワンマンリサイタルも
無事に終えることができ、
感慨無量でございます。

本日はもう体はギシギシして重く、
頭もボッケ~としており殆ど廃人状態でございますが、
昨日の残像はまだ鮮明に残っております。

お客さんが入ってくれるかもかなり心配していたのですが
そんなことも杞憂におわり、ホットしております。

本当に熱いリサイタルになりました。
最初から最後までみなさんとバンド、そしてスタッフさんたちと
一緒に作り上げたワンマンリサイタルだったと思います。

ありがとう。

としか今の気持ちを表現する言葉が思いつきませんが、
本当に感謝しております。

昨晩を一つの区切りとして今年もまた
びゅーちふるずはどんどん前に進んで行きたいと思っています。

これからも応援してください。

|

2007年1月27日 (土)

本日は晴天なり

今日は本当に良い天気ですね。小春日和という感じですね。
本当に良かった。

いよいよ今日6時から始まる。
5周年記念ワンマンリサイタルの会場に向かって只今びゅーちふるずは移動中でございます。
不安な部分は多々あれども、
ここまで来たらおもいっきりハッピーにハッスルしようと思います。
皆さんにもこの節目のリサイタルを楽しんでいただけたら、と心から願っております。それではそろそろ会場につくのでこの辺で、今日の夕方、会場で待ってます。

|

梅田君の花道

さて明日はついに
5周年ワンマン・リサイタルの当日です。
皆さま準備はよろしいですか?
元気な方はハッスルパワーを開放に、
ちょっと最近元気がないなぁと言う方はハッスルパワーを充電に、
是非是非いらしてくださいね。

そして記念すべき5周年をみなさまと向かえることができる事を本当に嬉しく思っています。

我々の方の準備は・・・

あっ、
そうだ・・・

今日の就業後、
桜君と2人で会議室に篭り、
明日のワンマンの最終的なチェックをしていました。
まぁ、社長が隠してるコーナーはもはや手の施しようもないので
社長に責任もってやってもらうと言うことであきらめて
それ以外のチェックと確認をしていたのです。

そこへやってきたのが今回のリサイタルで花道を飾る
梅田聖子君でした・・・。

梅田君「失礼します

桜君 「あ、聖子ちゃ~んお疲れ様。明日は頑張ろうねぇ

僕  「明日はふゅーちゃりんぐ梅田君のコーナーも今桜君と考えてたから頑張って行こうね

梅田君「あ、そのことなんですが・・・・。

桜君 「何?何か心配事でもあるの?

梅田君「あの、わたしぃ・・・・

僕  「何?

梅田君「わたし明日は出ません!

僕  「へ?

桜君 「ええっ!なんで?どうして?

梅田君「内緒。

僕  「出たっ(><)

桜君 「いやいや、聖子ちゃ~ん、もう最後のリハーサルも終わってるしもし本当に出ないんだったら聖子ちゃんの代わりのダンサーを決めなくちゃいけないし、大体理由も無くいきなりそんな事言われても・・・

梅田君「もぅ、2人とも本当に野暮天ねぇ、そんなんだから女の子にもてないのよ

桜君 「え!課長はともかくチョメちゃんはそんな事無いよ。なんてったってアイドルだから

梅田君「そう?その割には給湯室に何も噂らしき物が入ってこないけどねぇ~?

そう、梅田君は我が社の給湯室の主とか番人と言われ、社内に流れる有象無象の噂話の源泉に居ると言う噂のある人なのだ・・・。
その情報収集力はFBIも近所のおばちゃんも真っ青と言う
驚異的な物があり、しばしば会社の方針すら左右する力があると言う・・・。

梅田君「とにかくそう言う事なのでよろしくお願いします。

僕  「待ちたまえ梅田君。本当にそうするにしても正当な理由がないと受け付けられないし、第一他のダンサーの子達になんて説明すればいいのかも解らないじゃないか

桜君 「課長の言う通り。教えてくれないとチョメちゃんがチョメチョメしちゃうゾ!

僕  「君は黙っていたまえ、話がややこしくなる・・・

梅田君「これだから男っていやねぇ・・・だからぁ女の子の・・・。

僕  「え?何だって?

梅田君「           」

僕  「はっきり言ってくれないと解らないじゃないか

梅田君「だからぁ!女の子の日なの!!

僕&桜君「(`ロ´;)

僕  「ま・・・まさか・・・そんな事で?

梅田君「そんな事?まぁ男の人には解らないでしょうけどね、
知ってます?出産する時の女性の痛みを男性が体感したらショックで死ぬって言われてるんですよ?今時どの会社でもこういう時はちゃんと休めるんですよ。


僕&桜君「出産の話はこの際どうでも良い気が・・・

梅田君「でもお客さんにも挨拶したいし、最後のリサイタルだから会場には行きますし、さきやまさんのお手伝いしますよ

僕  「く・・来るなら踊ればいいじゃない?

梅田君「なんか言いました?(;一一)

僕  「いえ・・・

梅田君「とにかくわたしの最初で最後のお願いです。どうかお願いします。
じゃぁそう言う事で!明日頑張りましょうね!お先に失礼します。ランララ~ン♪


と、言うだけ言って梅田君は帰っていつもの笑顔で帰って行ったのでした・・・。

僕  「桜君・・・本気かな?

桜君 「あの様子じゃ本気じゃないですかね・・・

僕  「まずい!桜君庶務課のOLさん達を全員召集!

桜君 「ええ~っみんな帰っちゃってますよ~。うちのOLはみんなベルサッサなんですから~

僕  「ぬぉぉぉどうすればいいんだ~

桜君 「どうしよ~

と・・・言う事でこの前日の大どんでん返しでステージングが振り出しに戻り
一体びゅーちふるずの5周年ワンマンリサイタルはどうなるのか・・・
社長のコーナーは?
CDのジャケットは?
桜君の衣装は?
新曲は?

結果は会場でご確認下さい・・・。


無茶無茶不安です・・・。









 

|

2007年1月26日 (金)

さきやま君の反抗期

さきやま君は我びゅーちふるずの中では
誰もが認める敏腕デザイナー。
ファンクラブ会報の紙面作りや
当HP のデザイン、クリスマスカードや暑中見舞いの
デザインからカメラマンまでこなす
およそステージ以外の絵的な部分を全て一手に担っています。

当然今回は一切合切会社内で作り上げる
5周年ワンマン限定CDのジャケット等
音以外は彼女の担当です。

音的な部分が仕上がるのと絵的な部分が仕上がるのは
ほぼ同時になる予定だったので
僕も音作り作業が終わって一段落し、
最後の練習も終わったので
さきやま君のデスクにジャケットのデザインを見に行くことにしたのです。

そこで・・・・

僕 「さきやま君お疲れ様。

さきやま君「あ、課長、お疲れ様です。

僕 「いよいよ迫ってきたね~ワンマン。こっちは最後の練習も終わったし後は祭りが始まるのを待つだけだね~。

さきやま君「そうですねぇ

僕 「ところで、CDのジャケットできてる?

さきやま君「出来てますよ

僕 「お~どんなの?どんなの?

さきやま君「内緒。

僕 「へ?

さきやま君「当日まで内緒です

僕 「え、いやだってほら一応確認しとかないとさ

さきやま君「なぜ?

僕 「いや、今回のCD については一応僕が責任者だし・・・どんな風になるのか見てみたいし、ほらCDもそろそろ刷らなきゃいけないじゃない?

さきやま君「お言葉ですが課長。ジャケットはなくてもCDは刷れますよね?ちなみに刷る用のCDはさっき営業1課に回しておきましたから、今頃、チョメさんと蔵ちゃんで必死に頑張ってるんじゃないですか?そっち見に行ったほうがいいと思いますよ。何せあの2人ですから

僕 「いやしかし、さきやま君

さきやま君「第一、私がデザイン考えてる間、1度でも課長私に今回の音源聞かせてくれました?

僕 「∑(゚m゚=)ハッ!!

さきやま君「そう言うことです。

僕 「いやでもさぁ、今回は出来るまで缶詰になっていたわけで・・・。外とは隔離されてたしで、出来たのついこないだだったわけで・・・。

さきやま君「理由はどうあれ当日まではお預け!大丈夫です。ちゃんと出来てますから当日みんなで梱包作業しましようね。

僕 「は・・・はい・・・。

・・・と言うわけで今回の記念CDのジャケットは未だに僕も見ていません。
当然社内の誰も見たことがありません。
どんなジャケットなのか?
お客様と同様僕も個人的には当日大注目の1つになりました(トホホ)
まぁさきやま君がやる事だから間違いはないと思いますので、
僕も皆さま同様当日を楽しみに待つことにしますグッスン

そして本日桜君の日記にもUPされていますが
梅田聖子君の今回のワンマンでの勇退が発表されました。

社員一同彼女の最後の花道を飾るべく、
全力でハッスルすることを誓い合いました。
何とか良い思い出になってくれるように
最高のステージにしたいと思います。

しかし、社長と言い、さきやま君といい、
当日まで解らない事がこういくつもあると
ちょっと落ち着かない気分になりますねぇ。

桜君はあまり気にしてないみたいですけど・・・。
(まぁ彼は今回の衣装がどうやったらかっこよく見えるか?しか頭にないみたいで、
1日3回は鏡の前でそれを来てなにやら決めポーズの練習をしているようですが・・・。)

もうこれ以上何も起きて欲しくないなぁと思う今日この頃です。

|

2007年1月25日 (木)

社長問題発生。

昨日の通しリハーサルでの出来事。
通しリハーサルは昨日も書いたように
最初から最後まで本番と同じようにやることを言います。
業界用語ではゲネプロとも言います。

そんなことはどうでも良いのですが、

最初から調子よく
ラインナップをこなしていくメンバー
4・5曲で発汗率も急上昇し
湿度も上がって来て白熱してきた頃の出来事でした。

それまで伏せられてきたとあるコーナーに来た時に事件は起こりました。

僕「社長ここのコーナーは結局何をやる予定ですか?

このコーナーは社長に企画から何から任せている部分であり、
これまで何をやるか一切聞かされておらず、
不安ではありましたが今日まで待っていたのです・・・。

社長「内緒。

一同「はっ?」「へっ?」「ほっ?

僕 「いや社長、今日が最後の練習なんですから内緒とか言われても困るんですが

社長「ん?わしは別に困らんぞ

桜君「いや、あのですね社長、一応どんな事をやるのかとか、そのステージングとかワタクシが見とかないとまずいと思うんですが

社長「ん?何でかね?サクラ君君はわしの事が信用できないのかね?良いんだよ君たちは、まぁ大船に乗った気でいたまえ。今回はすっご~~いのを用意しておるからな。ガッハッハ

桜君「いや、そうは言いましてもびゅーちふるずの出し物に関してはどんな小さい事もエンターテイメント部部長代理のワタクシを通していただかないと

僕 「そうそう、それにどれ位時間が掛かるのかも計っておかないと全体の進行に影響する事ですし

社長「いいんだよ、いいんだよ、まぁ君たちは本番はこの時間は休憩でもしていたまえ。

と言う会話が展開され僕と桜君でどんなに詰め寄ってもけして社長は口を割らなかったのです・・・。
びゅーちふるず史上前代未聞のこの暴挙にメンバー一同唖然とするばかり・・・。

解らないと言う事ほど怖いものはないので今日も何とか粘って聞こうとしたのですが、
食べ物で釣ってもまったく効果無しなのです。

・・・この大事な時期にこれはまずい・・・。

いやほんとうに・・・・。

まぁ確かに最近は僕と桜君で新曲やリサイタルの進行を決めている部分も多く、
若干社長を蚊帳の外気味にしていたことはありました。
社長も寂しがってるのかな?と思う事もありました・・・。

でも・・・

まさかこう言う行動に出てくるとは・・・・。

まったく予想していませんでした。

今日も桜君とこの魔の(?)時間帯についての対処法を話し合いました

ある意味この社長のコーナーと言える時間帯を挟めないほど
どんどん曲をやってコーナー自体をつぶすか・・・。
いや、それだと余計に社長がすねる・・・。
途中でベースをひかなくなられても困る。
下手をすれば給料カットとかボーナスが今年もないとか何されるか解らない
最悪どこかへ飛ばされるかも・・・、
それはなくても
その後のこちらが考えているリサイタルの段取りが全部滅茶苦茶になってしまう。

誰かが側について危なそうだったらフォローするか?
いや、何をやるのか解らないのに対処のしようもない・・・。

第一、演奏と言う形をとるのか?
でもリハーサルでやってない曲をメンバーがいきなりやるはずはない・・・。
密かに練習するにしても桜君はともかく僕をはずして進行するとは思えないし、
社長が一人でバンドを仕切れるとは思えない・・・。

うーむ・・・。だとすると・・・
まさか喋るのか?
あのかみかみの社長が?

何か芸?
そんなものあるはずがない・・・。

うーむ・・・うーむ・・・。

僕 「ま・・・まぁ・・・・奇跡が・・・・起こるかもしれないし・・・・。

桜君「社長に限ってそれはないような気が・・・・。

僕 「結構スムーズに喋れてる時もあるじゃない

桜君「喋るとは限らないじゃないですか。

僕 「そ・・・それもそうだねぇ・・・じゃぁ何を・・・・?

桜君「(・へ・;;)うーむ・・・・。

僕 「(-________-;)ウゥーム・・・

と何の対処法も浮かばず秘密会議は解散・・・。
当日どうなるのか解りませんが・・・。
もしこのコーナーが実現すると・・・

ある意味メンバーも大注目(ものすごく不安な目でだとは思いますが・・・)
の見所・・・・になるのか?

当日までに何か対処法をと言うか社長から何とか情報を引き出さなければ・・・。

しかし、話はここで終わりません。
今日は限定CDの制作締切日。
担当の僕はCDのジャケット制作担当のさきやま君のデスクへ

そこでまたもや事件が勃発!


ブ・・・ブルータス・・・お前もか・・・・。



ちなみに・・・ノンフィクションです。

|

2007年1月24日 (水)

最終リハーサル

本日はワンマンリサイタル前の最後のリハーサルでした。

本番さながらの通しリハーサルと呼ばれる
最初から最後まで本番通りに進行するリハーサルだったので
大変白熱したものになりました。

今回の見所のひとつでもありますが
今回の参加人数の多いこと多いこと・・・。
ワンマンリサイタルと言うことで
会場の楽屋は我々だけが使う訳なのですが
下手をすると普段の対バンの時よりも
窮屈で狭くなるのではないかと心配に成る程です
本番では入れ替わり立ち代りするメンバー。
「果たして本日は何人出演したでしょう?」
とクイズが最後に出来るんじゃないか?
ぐらいの勢いです。

本番さながらのリハでそれだけの人数が一生懸命
歌い踊り演奏するわけですから
エアコンなんてあってない様なものでして、
あっという間に部屋が湿気っぽくなり(つまり汗ですね)
楽器の音が変わってしまうんです。(いやほんとうに・・・)

それだけリハーサルでも燃えていると言う事にもなりますが・・・。

リサイタル終了後に真っ白な灰になれれば・・・・本望でふ。

というより・・・途中で真っ白に燃え尽きてしまいそうです・・・。


そしてこの通しリハーサルで大問題発生・・・・。


「しゃ・・・社長・・・・この期に及んでそれは・・・・ないでしょ・・・」


一体何が起こったのか!

震えて待て次号!
(週間少年誌風)

|

2007年1月22日 (月)

初日誌

諸般の事情により日誌をかくのがここまで延びてしまいました。

遅ればせながら
今年もよろしくお願いします。

皆様お元気ですか?
僕の方は今年に入ってからは健康で体調万全でございます。
若干寝不足ではございますが
こうして日誌も書く余裕も出て来たのでもう大丈夫でしょう。

後は社会のニュースに極度に疎くなってしまっているので
新聞を読み返して追い付かなきゃって感じですね。

さて、それはともかく、
いよいよびゅーちふるずのワンマンリサイタルまで
あと一週間を切りました。
メンバー一同気合い十分でございます。
今年に入って僕の方が他の作業で缶詰になっており出遅れた感がありましたが、
最終リハーサルを前にしてついに開放されたのでこれからモードチェンジして
がっちり行こうと思います。
すでに桜君の日記や社長のメルマガ等でご報告済みかと思いますが、
今回もワンマンならではの企画が盛り沢山でございます。

07年初の新曲あり、普段は滅多にやらない曲があったり、
各種コーナーも充実。
(正直、この段階で何をやるのか解ってないコーナーもありますが…)

そして忘れちゃいけない、会場でしか購入するチャンスがない
「5周年記念CD」
の発売。
5周年にちなんで限定50枚、500円にて発売です。
これは非常にレアなアイテムになる予感がしますので
是非GETして下さいね。
なんせ全ての作業を全て会社内で行った、
1から10まで手作りのメイドいんびゅーちふるず度100%の一品です。

他にも色々ありますが、
そろそろお昼休みが終わるので、
今はこのへんで、
今週は僕の目から見たワンマンの見所等を書いていきたいと思っています。
その前に…。

さぁ仕事仕事!

|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »